顎・顔面・歯列矯正センター

顔はその人の人柄や、知性、感情、健康状態を反映しています。一般的に顔面の変形や歯ならびに異常のある方は他人から顔を見られることに対してコンプレックスを持っており、これらを改善できたときの喜びは、はかり知れないものがあります。最近ではマスメディアの浸透により顔やスマイルに対する関心や、歯ならびとともに顎、顔面に対する関心も高まっていることから、今後、顎変形症の治療を希望する方が増加していくものと考えています。

厚生労働省は顎の手術を必要とする顎変形症患者に更生医療として"保険"適用を認めており、患者さんにとっては治療を受けやすい環境ができています。 顎変形症の治療は
①手術前の矯正歯科治療
②顎矯正手術
③手術後の矯正歯科治療
の順に行います。①②③は保険適用され、②の顎矯正手術は高額医療制度が適用されますので、患者さんの負担はかなり軽減されます。
当病院は1998年10月に更生(育成)医療指定機関(現在は障害者自立支援ならびに顎口腔機能診断料算定の指定機関へ改称)として指定を受け、顎矯正手術だけでなく、手術前・後の矯正歯科治療も保険適用が認められた医療施設になっており、年間80-90例の手術を行っています。

小児期から成人にいたる不正咬合の歯列矯正治療とともに顎・顔面の変形に対する治療体系を確立するため"顎・顔面・歯列矯正センター"を設立し、矯正歯科専門医、口腔外科専門医、麻酔専門医、歯科麻酔専門医が常時、治療にあたっています。
小児期から成長期にある患者に対しては成長発育に悪影響をおよぼす歯列不正の改善、悪習癖の除去、筋機能訓練や上下顎骨の成長コントロールを行ない顎変形症への移行を予防する歯列矯正を行なっています。さらに、先天異常、上顎前突、下顎前突、開咬、顔面非対称などあらゆる顎変形症の治療もなっています。最近の傾向として顎の変形が著しい症例に対して上下顎同時移動術が増加しています。
著しい顎変形が認められる症例では三次元表示CTやモデルサージェリーなどを応用して立体的な顎・顔面形態の異常を把握し、各症例に適応した的確な歯列矯正や外科手術を行っています。
外科手術は顔面に皮膚切開を入れることなく口腔内から行ない、上下顎骨を三次元的に安全に確実に移動することができます。

矯正歯科と顎変形症の臨床統計

1.顎・顔面・歯列矯正センタ-の矯正の平成21年1月1日から平成23年12月31日までの3年間の臨床統計を表1、2に示す。
2.顎変形症手術の平成21年1月1日から平成24年12月31日までの4年間の手術例数を表3、4に示す。

【表1:平成21年・22年・23年 矯正臨床統計(新患者数)】
平成21年 平成22年 平成23年
総新患者数 292 270 301
一般矯正 158 144 172
57 56 67
101 88 105
更生医療 129 126 129
38 30 39
91 96 90
【表2:平成21年・22年・23年 矯正臨床統計(症例別)】
平成21年 平成22年 平成23年
下顎前突 87 91 90
上顎前突 114 97 110
開咬 35 24 29
叢生 27 44 48
上下顎前突 14 4 8
交叉咬合 1 2 1
先天異常 5 4 8
個々に歯の異常(埋伏歯含む) 9 4 7
【表3:顎変形症疾患別症数】
平成21年 平成22年 平成23年 平成24年
下顎前突 30 34 52 46
上顎前突 14 5 6 4
開咬 7 6 4 9
上顎骨狭窄 3 2 3 2
下顎後退 1 4 9 9
上顎劣成長+下顎前突 8 12 12 12
巨舌 1 3 1 1
オトガイ過成長 0 0 0 1
【表4:顎変形症手術例数】
平成21年 平成22年 平成23年 平成24年
総手術数 65 66 87 84
下顎枝矢状分割術 52 49 71 69
下顎枝矢状分割術+LeFort Ⅰ型 8 12 12 12
上顎骨正中離断術+側方コルチコトミ- 3 2 2 0
上顎骨正中離断術+Distraction 0 0 1 1
Osteotomy 1 0 0 0
オトガイ形成術 0 0 0 1
舌縮小術 1 3 1 1

上下顎骨切り術症例の増加に伴い、平成25年次はSSRO + LeFort Ⅰ型骨切り術を月2回実施しており、24症例を越える予定である。

1975年に顎変形症の手術を開始し、2013年8月までの38年間に1490例の手術を行っており、病院化後の3年8か月では288例の手術を行っています。
矯正用器械、器具の消毒・滅菌に対しては、学会認定の滅菌技士を配置し、感染防止のために 安全、予防への向上に努めています。
顎・顔面・歯列矯正センターは、顎変形症や先天異常の患者さんのQOLの向上を目指した包括的歯科医療を行なうとともに、学際的な研究を行なう機関として地域医療の発展に寄与していくものと考えています。

このページの上へ

活動報告

顎・顔面・歯列矯正センターの活動状況を報告します。
1. 顎・顔面・歯列矯正センターでの矯正歯科診療:月曜日~金曜日の午前9時~午後7時まで、土曜日および第2、4日曜日の午前9時~午後5時まで診療。
2. ゆめタウンはませんいとう歯科での矯正歯科診療:毎月第1、3日曜日午前10時~午後6時まで診療。
3. 矯正診断のIT化:セファロや模型のコンピュータ分析.顔面、口腔内写真などデータの統一と整理および簡素化。
4. 歯顎顔面用コンビームCTの更新と院内画像ネットワ-クシステム(PACS)の再構築(2013年8月):顎顔面の3次元CT画像による立体的形態分析を手術シミュレーションの臨床応用。
5. インダイレクト ボンディング法の進化:確実なブラケット ポジショニングとボンディング時のチェアタイムの短縮を図るためインダイレクト ボンディング法を行っているが、確実性アップのための改良を行う。
6. Skeletal Anchorage System(SAS)やImplantの導入:歯の移動の固定源としてミニプレートやスクリューを使用。これまで矯正のみでは困難であった歯の圧下や歯列弓全体の遠心移動や近心移動などが容易に。口腔外科との連携で確実に、迅速に歯の移動が行え、患者さんの負担を軽減することが可能。
7. Two jaw surgery(LeFort I + SSRO)とDistraction Osteogenesisの改良:上下顎同時移動術や仮骨延長法による顎矯正手術を行うことによりさまざまな顎変形症に対応。
8. フッ素洗口とむし歯 リスク テストの実施:むし歯予防ためのフッ素洗口と口腔内がむし歯に罹りしやすい状況かを判定するだ液テストを導入し、むし歯に対する予防意識を高める。
9. 「矯正歯科診療におけるインダイレクトボンディングシステム実習コース」の開催:一般臨床歯科医のためのコースで、正確なブラケットの接着を行う。随時開催。
10. 顎外科カンファレンスの開催:矯正歯科専門医と口腔外科専門医が合同で顎矯正手術について検討を行っている。
11. 矯正歯科専門医1名入社:常勤矯正歯科専門医3名(2013年4月1日~)。
12. 学会発表:毎年3~5回臨床に関する発表を日本矯正歯科学会、日本顎変形症学会、日本成人矯正歯科学会、九州矯正歯科学会等で発表している。
2013年2月   九州矯正歯科学会(北九州)  2題発表
2013年6月   日本顎変形症学会(大阪)    1題発表
2013年10月  日本矯正歯科学会(松本)   1題発表
13. 熊本顎変形症研究会の開催:矯正歯科、口腔外科、形成外科の専門医による顎変形症治療に対するシンポジウムを毎年11月23日(勤労感謝の日)に行っている。
14. 熊本矯正歯科研究会への参加:特別講演者を招いて春・夏2回開催される研究会への協力と参加。
今後とも皆様のご協力をいただきながら顎・顔面・歯列矯正センターならびに伊東歯科口腔病院、いとう歯科医院のさらなる進化をはかりたいと考えています。
このページの上へ

顎・顔面・歯列矯正センター長経歴



1973年 神奈川歯科大学卒業
1977年 鹿児島大学大学院医学研究科
(口腔外科学)修了
1977年 福岡歯科大学助手(歯科矯正学)
1978年 福岡歯科大学講師(歯科矯正学)
1980~1981年 カルフォルニア州立大学ロサンジェルス校(UCLA)
歯学部客員教授(歯科矯正学講座)
1987年c 福岡歯科大学大学院助教授(歯科矯正学)
2001年 (医)伊東会伊東歯科医院勤務
顎・顔面・歯列矯正センター長
2009年 (医)伊東会伊東歯科口腔病院
副病院長就任
2013年 (医)伊東会伊東歯科口腔病院
病院長就任

現在にいたる
このページの上へ

インプラントセンター

当病院では、安全、安心、安楽なインプラント治療を患者様に提供すべく、新病院開設に伴い、インプラントセンターを開設いたしました。

伊東歯科口腔病院インプラントセンターの特徴

最高の設備と卓越した技術、ホスピタリティーで皆様に満足のいくインプラント治療を提供することがわれわれの使命です。

インプラント治療専門スタッフ

伊東隆利
日本大学歯学部卒
日本口腔インプラント学会常任理事・専門医・指導医
日本口腔外科学会専門医・指導医・評議員
日本歯周病学会専門医・指導医・理事
井原功一郎
長崎大学歯学部卒
日本口腔インプラント学会専門医
日本口腔外科学会専門医・指導医
日本顎顔面インプラント学会指導医
吉武博美
日本大学歯学部卒
日本歯科麻酔学会専門医・認定医
日本口腔インプラント学会認定医
篠原直幸
九州大学歯学部卒
日本補綴歯科学会指導医・専門医
中井大史
九州大学歯学部卒
日本口腔外科学会専修医
瀬々良介
福岡歯科大学卒
日本歯科放射線学会専門医・認定医
日本口腔インプラント学会認定専門歯科衛生士
  立花しのぶ、福冨舞、竹中麻衣、植木美幸、渡邊美波
日本口腔インプラント学会認定専門歯科技工士
  福田典大
* 看護師18名、専門の放射線技師2名が常勤しております。
スタッフステーション スタッフ
このページの上へ

インプラント治療に必要な最高の設備

  • ・KaVo 3D eXam アーム型X線CT診断装置
    術前診査で事前に顎骨の厚みや量を計測したり、隣接する臓器との位置関係を詳細に特定することが可能です。
    詳しくはこちらへ
  • ・専用手術室
    インプラント手術は、体内に生体材料を埋め込む手術ですので、通常の歯科治療が行われる空間よりも清潔な空間が必要になります。当院では、インプラント専用の手術室を設け、患者様が安心してご希望さ れる日程に手術ができる体制を取っております。さらに、無痛治療をご希望の患者様や多数のインプラントを一度に埋入される患者様には、麻酔専門医、歯科麻酔専門医による全身麻酔や静脈内鎮静法を使用した麻酔を行ない、安全で安心・安楽なインプラント治療が可能です。また、骨移植を必要とする高度なインプラント治療でも口腔外科専門医でもある歯科医師が確かな技術で対応いたします。
インプラント手術室 生体情報モニター 滅菌された手術器具
インプラント手術室 生体情報モニター 滅菌された手術器具
消毒滅菌室 入院室
消毒滅菌室 入院室
インプラント手術中 インプラント手術中
インプラント手術中
このページの上へ

インプラント料金

  • ・インプラント植立術 約15万円/1本(税抜)
  • ・インプラント上部構造 約10~15万円(税抜)
  • ・骨移植 約7万円(税抜)
  • ・粘膜移植 約5万円(税抜)
* 口腔内の状態により全身管理、静脈内鎮静法、全身麻酔、入院費などが必要になる場合があります。詳細は担当スタッフまでお問合せください。

画像センター:CT室・X線室

当病院では、電子カルテ化に伴いX線画像、CT画像もデジタル化して各診察室に配信しております。
どの診察室でも撮影された画像をすぐに見ることができます。

診療室にて説明
【診療室にて説明】

また、撮影に来られた患者様をなるべく待たせないように、撮影頻度の高いデンタル用X線は4箇所で撮影することができ、待ち時間を短縮しております。

X線室におきましては、デンタル撮影をはじめ、パノラマ撮影、顎関節撮影法、セファロ、ウォーターズ法、頬骨撮影、咬合法など、症状に合わせた撮影を専門の診療放射線技師が撮影することによって、より正確な画像を提供しています。 また、衛生面の上で患者様お一人に対し一手袋、デンタル撮影用カメラカバーもディスポーサブル、デンタル用補助器具も消毒済みの物を使用することになっており、感染の心配なく安心して検査を受けることができます。

CT室
【CT室】
CT・X線操作室
【CT・X線操作室】
X線室
【X線室】

CT室におきましては、歯科医師のオーダーを基によりわかりやすい画像を提供致しております。
インプラント植立のための撮影、顎変形症、のう胞、過剰埋伏歯、下顎管との距離測定、骨折、腫瘍など様々な撮影です。
当病院の使用している歯科用CTは、一般医科用CTに比較すると1/10の被爆量で多くの情報を得られています。

CTの機種
KaVo 3D eXam アーム型X線CT診断装置 医療機器承認番号:221AIBZX00026000

このページの上へ

歯科技工室

※詳細テキストは準備中です。

このページの上へ

Copyright(C)2014 伊東歯科口腔病院.Rights Reserved.

医療法人伊東会 伊東歯科口腔病院 〒860-0851熊本県熊本市中央区子飼本町4番14号