親知らず

Q 親しらずってなんですか?
A 親しらずとは個人差はありますが、18~22歳頃に一番奥に生えてくる歯です。
一般に日本人の場合、顎が小さいため、親しらずが正常にはえてくることはまれです。横に埋まって頭を半分出したようなもの、歯肉が被って骨の中に埋まっているものもあります。
Q どんな影響があるのですか?
A 親しらずと上に被っている歯肉の間に細菌がたまり、歯肉が腫れ、痛くなることがあります。
また、前の歯にあたる7番目の歯の根を吸収させてしまうこともあります。
親しらずが後ろから押して、前歯がガタガタになることがあります。
親しらずと隣の歯の隙間に食べカスが入り、むし歯になることがあります。
Q 歯を抜くのは怖いのですが、何かいい方法はないでしょうか?
A 不安の強い方には静脈内鎮静法をお勧めします。
鎮静剤を血管から投与して、半分眠ったような状態で手術を行う方法です。
Q 抜いた後が心配なのですが・・・
A 痛みに対しては、鎮痛薬で対応します。
また抜いた影響で頬が腫れる場合もありますが、3~7日でひきますので心配はありません。
Q CT撮影(コンピューター断層撮影)を薦められたのですが何故ですか?
A 下の顎の神経に親しらずが近接している場合があります。単純なレントゲンでは、立体的な位置関係が正確に分かりづらいので、3D-CTの撮影をお薦めします。3D-CTで、なおかつ近接していると判断した場合、2回にわけて抜歯する方法をお薦めします。
歯の半分を先に抜歯して、神経から歯が離れるのを待ってから、残りの半分を抜歯します。
3D-CT画像 レントゲン写真
親知らずについて
このページの上へ

むし歯

Q 歯ってどうなっているの?
A
エナメル質:体の中でいちばん硬い組織です。
象牙質:エナメル質の次に硬い組織です、むし歯になると痛みを感じます。歯髄(俗称は神経):神経と血管があります、痛みを感じる部分です。
Q むし歯はどのように進むの?
A
C1 C2 C3 C4
C1 C2 C3 C4

C1 エナメル質のみが侵されている初期の状態、痛みはありません。
この状態で治療を受けるのが一番よいでしょう。
C2 むし歯が象牙質まで広がり歯の表面に穴が開いた状態。
冷たい物や甘い物がツーンとしみるようになります。
むし歯になっている部分を取り除き形を整えてから、金属やプラスチックをつめる治療をします。
C3 神経までむし歯が達してしまった状態、こうなると痛みがでます。
処置としては神経をとり、薬をつめて、金属製の冠をかぶせます。
歯は神経をとると、健康な歯に比べてもろくなりますからC2の段階までに治療をする方がよいでしょう。
C4 むし歯を治療せずに放置していたために、根のみになっている状態。
歯髄は死んで根の先端に膿がたまり、また痛みが出ることもあります。
こうなると歯を抜かなくてはいけません。
Q 治療した歯がしみるのはどうして?
A
むし歯に侵された歯は、周りに広がらないように、むし歯の大きさより大きく削ります。ですから治療後の歯はその分だけ神経に近くなり、刺激が神経に伝わりやすくなるのです。 しかし歯は神経を守ろうとして神経を囲むように新しい壁を作ります。これが第2象牙質です。これができると刺激は神経に直接伝わりにくくなり、しみなくなります。
※しみなくなるまでの期間は個人差があります。落ち着いて様子をみてください。
Q 時々、温かい物や熱い物がしみるけどそれはどうして?何もしていないのに、ズキズキ痛むのはどうして?
A
むし歯が神経まで届くと、むし歯の毒素が中に入り込み、直接神経を刺激するため、激しい痛みが出ます (歯髄炎)。また、むし歯になっていない歯でも歯周病が進行すると歯周ポケットから根の先端部にある小さな穴へ毒素が入り、炎症を起こします(上行性歯髄炎)。
Q かむと痛いのはどうして?
A
それは歯髄炎をそのまま放置しておくと、むし歯の毒素が、顎の骨と歯を結びつけている歯根膜という部分にまで広がってしまい、炎症を起こすからです。(歯根膜炎)
Q 頬や歯肉が腫れているのはどうして?
A
歯根膜炎をそのままにしておくと、炎症が周囲の組織や顎まで広がってしまうために腫れてしまうのです。
Q どうして歯科の治療は長くかかるの?
A C3(歯髄まで侵入)まで進行してしまうと痛みは強烈、歯が浮いたり、咬むことができなくなります。そして頬が腫れてきたり・・・・。こうなると歯髄は救えません。そうすると根管治療をするのです(死んだ歯髄や汚れた象牙質を取る治療)。
Q 根管治療とは?
A
1. 死んでしまった歯髄や汚染された象牙質を専用の器具を使ってとり除き、根の管の中をきれいになるまで拡大し、きれいになるまで消毒します。症状によって程度の差がありますので、通院回数、消毒期間は個人によって異なります。
2. 根の中が消毒され、症状が落ち着くと、空洞になっている管の中に感染を防ぐための防腐剤をつめます。
3. 神経をとった歯は弱くなっていますので、補強のために土台を入れます。
4. 冠の型をとります。
5. 金属製の冠をつけます。
その後はちゃんとかめているかどうか、磨けているかどうかなど定期検診にぜひ来てください。
むし歯の治療だけではなく歯周病の治療も時間がかかります。
詳しくは歯周病のページをご覧ください。
むし歯について
このページの上へ

外科矯正

Q 外科矯正とは何ですか?手術をして矯正すると聞いたのですが・・・
どんな方に対して手術を行うのですか?
A 簡単に言いますと、 上下の顎(あご)のバランスが悪いために正しい咬み合わせにならない方通常の歯列矯正だけでは正しいかみ合わせになりにくい方が対象となるケースが多いようです。
歯並びだけの問題であれば、歯列矯正だけできれいな歯並び、 正しい咬み合わせを作ることが可能ですが、歯の土台となっている顎の大きさが下あご、 もしくは上あごだけ極端に成長している場合、バランスを整えるために手術というステップを必要とする例は多いのです。
外科矯正前 外科矯正後
Q なぜ手術をする必要があるのですか?
A あごの変形をそのまま放っておくと、無理なかみ合わせを強いることにより、 あごの関節に負担がかかります。これは顎関節症をひきおこす原因となります。 症状としては、カクカク、ジャリジャリなどの音が生じ、口が大きく開けられない、食事の時関節が痛むなどあります。 その他、咀嚼機能が不十分なために他の消化器に負担がかかることで全身的な影響も考えられます。 また発音がしにくく、聞き取りにくいということ、顔の非対称やあごの変形がコンプレックスやストレスとなることは多いようです。
Q 手術だけで、あごの歪みなど治るのですか??
A ベストな状態にもっていくために、手術の前後に歯列矯正を行う必要があります。 微妙な歯の位置を調整し、より安定した状態を維持します(また舌や頬の筋肉の機能訓練も重要となります)。
Q 手術は痛くないのですか?また傷は目立ちますか?
A 全身麻酔で手術を行いますので、眠っている間に手術は終わります。
また口の中から切開をしますので、傷はほとんど見た目にはわかりません。
Q 入院はどのくらい必要ですか?また健康保険は効くのですか?
A 入院期間は手術の内容によって多少異なりますが、約2週間前後が多いようです。 健康保険については手術、入院については適応できるものとできないものがあります。
Q 手術をするのは何歳くらいがいいのですか?
A 身長が伸びる時にはあごも成長する場合が多いので、 原則は成長が終わってから手術は行います。男女差、個人差もありますが、17、18歳以上の方となります。
Q これまでにどれくらいの方が外科矯正を受けているのですか?
A 現在(2007年12月)までに1100人の方が手術されています。
矯正診療への対応
顎変形症に対する外科的矯正手術の実践
このページの上へ

訪問歯科診療

Q 訪問歯科診療とはなんですか?
A 歯科治療を受けたいけれど、通院が困難な方(寝たきりの方など)に満足してもらうために、歯科医師と歯科衛生士が入院先の病院や自宅に伺い治療を行なうことをいいます。
Q 訪問歯科診療ではどういった治療を行なっているのでしょうか?
A 治療内容は、入れ歯に関することなら壊れた入れ歯の修理・入れ歯を新しく作る・入れ歯の調整などがあげられます。ほかにも抜歯、むし歯の治療、歯周病の治療なども行っています。
また治療と平行して口腔ケア(口腔内の清掃)や口腔リハビリ(摂食嚥下訓練)なども行ないます。
治療に関しては主治医と十分な連携をとり、安全にかつ円滑に進めていきます。
Q 訪問歯科診療の費用は高いのでしょうか?
A 訪問歯科診療は医療保険のみ、あるいは医療保険と介護保険の併用で行ないます。特別な訪問料を別にいただくことは全くありません。
Q 抜歯しなくてはいけない歯が多いので訪問歯科治療では不安なのですが・・・
A 主治医と連絡をとって安全に処置を行なっていくことはもちろんですが、多くの歯の治療や抜歯が必要であれば、入院して短期間で治療を行なうことも可能です。
※当院は有床歯科施設であり、10人入院可能な病室があります。
Q 口の中が汚れていますが、なかなか歯磨きが出来ませんどうしたらいいですか?
A 口の中が汚れていると細菌の住みかとなり口臭がしたり、歯周病の原因になったりします。そこで専門的立場から口の中の清掃を行い、汚れが原因でおこる病気の予防や、「食事を美味しく食べることができる」といった質の高い生活を送れるようにケアしていきます。
また飲み込む力が弱く食事の時むせてしまう方には、口腔リハビリ(口の周りのマッサージ、舌の運動訓練)を行い、飲み込む力を高めます。
Q 摂食嚥下障害とは?歯科でのその治療方法は?
A 脳卒中などによる麻痺や老化による口や喉の筋肉が衰えにより、「口が動かない、食べられない、食事に時間がかかる、むせる、水が飲めない」などの障害がでてきます。これを摂食(食べる)、嚥下(飲み込む)障害と言います。
摂食嚥下障害があると誤嚥(食道を通るべき食べ物が気管へ入ること)することにより、肺炎を引き起こしたり、水分・栄養摂取の障害や心理的障害などを引き起こします。
歯科での治療法としては口周辺の機能を高めるために、日頃アイスマッサージ(舌や喉を冷たいもので刺激する方法)、口の周囲の筋肉や下のマッサージとストレッチ、発声訓練などのリハビリを行います。また介護者の方へ日頃簡単にできる訓練を指導します。
Q 口腔ケアとは?
A 口腔ケアとは食べる、呼吸する、話をするという基本的な機能が維持・向上できるように、口の中やその周囲をケアを行うことを言います。
要介護高齢者の方は、むし歯、歯周病、口腔乾燥、清掃不良による口臭、舌苔(舌の表面についた垢)などの様々な問題を抱えています。また口の中が不潔だと、体の抵抗力が落ちた時に、口の中の細菌を誤嚥することにより肺炎を起こしやすいと言われており、そのようなことを予防するためにも専門家による口腔ケアが必要となります。
訪問歯科について
このページの上へ

顎関節症

Q 顎関節症とはどういう病気なのですか?
A 顎関節症はその症状が様々で、いろいろな症状が複合して出現することが多いとされています。そこでこれらを症状別に大きく分けますと、
Ⅰ型 筋肉痛(特に下顎の周囲の筋肉、首、肩こりなどが主な症状です)
Ⅱ型 顎(あご)を支える靭帯の捻挫
Ⅲ型 関節の間にある軟骨のずれ(ヘルニア)
Ⅳ型 骨の吸収、骨の破壊によって起こった変形
Ⅴ型 精神的・ストレスによるもの
となります。多くの場合、口の開け閉めを行う時に耳の穴の奥や下顎の周りに痛みを認めます。同時にカクカク、ジャリジャリ、という音が伴うこともあります。さらに口が開かない、口を開けると顎が曲がって開くなどといった症状もあります。
Q 原因は何ですか?
A 原因も様々ですが、咬み合わせのがあっていない、片がみの習慣、歯ぎしり、打撲、精神的緊張、ストレスなどがあげられます。
Q 検査方法はありますか?
A 関節という組織は、骨や筋肉、軟骨が組み合わさって構成されている組織なので、レントゲン写真だけでは検査が充分に行えません。最近ではMRI撮影による画像診断が主流となってきています(MRIとは、磁力の力で写真を撮る方法で、レントゲン写真やCTと異なり放射線で被爆することのない安全な検査方法です)。
Q 治療方法はあるのですか
A 一般的にはストレス解消・マッサージなどの家庭療法・マウスピースを使用して咬み合わせの安静をはかるといった治療がおこなわれますが、複雑な症状や進行してしまった症状については、マニュピレーション(徒手誘導法)・パンピング療法(顎関節腔内洗浄療法)、顎関節鏡視下手術、外科的な治療も行なわれています。
当院では保存療法から外科療法まで一貫した治療を行っています。

顎関節腔内の線維性癒着(内視鏡所見)
顎関節症について
このページの上へ

インプラント(人工歯根)

Q インプラント治療とはどのようなものですか?
A インプラントとは無くなった歯の部分の骨に人工の歯根を埋め込み、 その上に人工歯(上部構造)を取り付ける治療方法を言います。
インプラント植立前 インプラント植立後
Q インプラントは入れ歯やブリッジとはどう違うのですか?
A 入れ歯では口の中の違和感や審美性などに問題があります。 またブリッジでは隣接している歯を削らなくてはいけないという問題があります。 しかしインプラントにはそれらの欠点がなく、より自分の歯に近い状態に戻せるという利点があります。
Q インプラントのかみ心地はどうですか?
A 入れ歯とは異なり固定式なので、 違和感も少なく自分の歯とほぼ同じような感覚でかむことができます。
Q インプラント治療の流れを教えてください。
A 最初に口の中の状態を模型・レントゲンなどで詳しく診査します。 それをもとに治療方針を決定し、手術を行います。骨とくっつく期間(約1~2ヶ月間)をおいた後、 型をとり上部構造を装着します。
Q 治療期間はどのくらいかかりますか?
A 口の状態にもよりますが、通常インプラント手術から3ヶ月前後、 骨の移植を必要とする場合は6ヶ月~約1年程の期間がかかります。
Q インプラントの手術は痛かったり、腫れたりしませんか?
A 歯を抜くときと同程度の麻酔でインプラント手術は行え、 手術中においては歯を抜く時よりも痛みを感じることは少ないと思われます。
手術の内容によっては腫れを伴うこともありますが、手術後2~3日を過ぎると、腫れも落ち着いてきます。
また、手術が怖いという方には「静脈内鎮静法」といってリラックスしたまま手術ができる方法もありますので、 一度ご相談下さい。
Q 何歳から何歳くらいまでインプラント手術は可能ですか?
A 一般的に若年者の場合、 成長期が終了したあとにインプラント手術を行うことが望ましいと言われています。 また年齢の上限はなく、当院においては80歳代でインプラント手術をされた方もいらっしゃいます。
Q 高血圧症や糖尿病などの生活習慣病がある場合でもインプラント治療は可能でしょうか?
A 基礎疾患の既往のある方でも、 病状が主治医のもとでよくコントロールされ、生活習慣も改善されていればインプラント治療も不可能ではないと考えます。
詳しくは一度ご相談ください。
Q 治療費はどのくらいかかりますか?
A インプラント治療費は、現在保険適用されていませんので自費治療となります。
当院においてはインプラント歯根部:約15万円程度/1本につきインプラント上部構造:約8~15万円程度/1本につき手術前の検査代:約1万~1万5千円程度が必要となります。
Q インプラントとはどのくらいの期間使えるのですか?
A インプラントを長持ちさせるには、毎日の歯磨きと定期的なメインテナンスが大変重要です。
] 定期的にインプラントの検査や口腔内の清掃などを行うことで、自分の歯のような機能をもちながら20年以上でもおつき合いしていくことが可能です。
Q インプラントに使用されている「チタン」とは体に影響はないのでしょうか?
A 現在インプラントの材料にチタンが多く使用されているのは、 生体との親和性が良く骨とくっつきやすい、そして生体内で比較的安定している材料であるという理由からです。 また安全性においても立証されています。
Q これまでに何人くらいの方がインプラントをされているのですか?
A 当院では現在(2013年3月)までに3482症例6946本のインプラントを植立しています。
Q 失敗はどれくらいあるのですか?その後はどう対処するのですか?
A Kaplan-majer法による10年残存率は97.8%であり、長期的にかなり安定していると思われます。撤去された方は、再度インプラントを植立して対応することもあります。義歯を希望されることもあります。
インプラントについて
このページの上へ

無痛下歯科診療

Q 「歯は痛いけれども、あの音がいやで歯科医院に行く気になれない・・・」
いい方法はないのですか?
A そういう方のために、このページではストレスなく治療するための方法を案内させていただきます。
1 笑気吸入鎮静法
低濃度の笑気を吸入し、意識を消失することなく高揚感・多幸感を感じた状態で治療する方法です。
局所麻酔の注射が怖い方・歯科恐怖症の方(歯科治療に対し強い緊張感をもっている方)に適しています。

2 静脈内鎮静法
静脈に点滴をしたのち鎮静薬を投与し、リラックスした状態で治療をする方法です。
効果は30分から1時間ほど持続します。
過去、歯科治療中に貧血を起こした方・過換気症候群を起こした方・高血圧症の方・嘔吐反射の強い方などに適しています。

3 全身麻酔
上記①②とは違い、まったく意識のない状態で治療を行います。
歯科恐怖症の方・乳幼児でむし歯の多い方・障害児(者)に適しています。

このようにストレスなく治療する方法はいろいろありますので、一人で悩まずに是非一度相談に来てください。
医科歯科連携
このページの上へ

審美歯科

Q 最近歯の変色が気になるのですがきれいにできるのですか?
A 原因はいろいろ考えられますが(むし歯・薬の副作用・加齢によるもの・・・)、適切な治療によりきれいな歯になれます。
このページでは審美的歯科治療について説明していきましょう。
1.クリーニング
コーヒー・紅茶・タバコによる歯の表面の汚れはなかなか普通の歯磨きでは落ちません。
歯科医院では特別な器材を用いて歯の汚れや歯石を取り除きます(クリーニング)。
ただし本来の歯の色には戻りますが、それ以上白くすることはできません。
クリーニング前 クリーニング後
2.歯の漂白(ウォーキング・ブリーチ法)
むし歯などにより歯の神経(歯髄)を取り除いてから時間が経つと、歯は変色してきます。
その場合歯の中に薬をいれて漂白する方法があります。
しかし、漂白にも限界があり処置前よりは白くなりますが元通りになるわけではありませんので、歯科医師に相談してください。
3.ホワイトニング
変色した歯を削ることなく、ダメージを極力与えずに白く美しい歯にすることができます。
ホワイトニングにはオフィスホワイトニング(歯科医院でのホワイトニング)、ホームホワイトニング(自宅で行うホワイトニング)がありますが、当院ではオフィスホワイトニングを行っています。
当院では(オフィスホワイトニング)・・・・・・・・・・
歯科医師による十分な歯のチェックの後、歯肉をプロテクトしながら歯面にジェルを塗ります。そしてジェルを活性化させる光を当てます。
時間は約2時間で終わります。効果の持続期間は飲食習慣や変色の原因により個人差がありますが、通常数ヶ月維持できます。
より長く白い歯を維持するためには定期的なホワイトニング(タッチアップ)をお勧めします。
ホワイトニング前  ホワイトニング後
ホワイトニング前  ホワイトニング後
次の症状のある方はホワイトニングを受けられない、効果が得られない場合があります。
・妊婦、授乳中の女性
・歯がしみる(知覚過敏)
・虫歯がある
・歯の表面が削れている(咬耗、磨耗)
エナメル質,象牙質形成不全症、テトラサイクリン変色歯は思ったほどの効果が得られないことがあります。
ホワイトニング後のケアについて
歯の表面を覆っている被膜(ペリクル)は、ホワイトニングで除去され、12時間から24時間かけて再生されます。
再生するまでは色の濃い食べ物、飲み物は控えてください。
オフィスホワイトニング後は24時間禁煙してください。
オフィスホワイトニング後24時間は避けたほうがよいもの
コーヒー、お茶、コーラ・ジュース類、色の濃い野菜・果物、口紅 など
オフィスホワイトニング後24時間以内に口にしてよいもの
米、パン、色の薄い野菜・果物(大根、芋など)、牛乳、白身魚(醤油なし) など
オフィスホワイトニング後は24時間禁煙してください。

料金  ホワイトニング(照射3回)… 上下 ¥26,250
上下どちらか ¥15,750
 タッチアップ(照射1回)… ¥10,500
現在の保険診療では上下の犬歯(糸切り歯)まで、表面が白色の冠(かんむり)を入れることができますが、それより後方の歯は銀歯になってしまいます。
保険診療で被せる前歯はレジン前装鋳造冠といい、銀歯の表面に白いプラスティックを貼り付けた構造をしています。そのため白い前歯という体裁は整いますが、よく見ると差し歯であることが他人からも認識できます。
最近は口元を白く綺麗にしたいという要望をもった患者さんが増えており、それらに対応したさまざまな治療方法があります。
当院で行っている代表的な審美治療を紹介します。
4.ラミネートベニア
「ラミネート」は「薄い」、「ベニア」は「張り合わせる」という意味で、その名の通り歯の表面を薄く削りセラッミクを貼り付ける方法です。
この方法は歯の表面のエナメル質しか削らないため、痛みも少なく歯への侵襲もすくなくてすみます。
漂白では白くできない歯、薬による変色歯に適しています。
ラミネートベニアの処置前 ラミネートベニアの処置後
5.セラマージュ
前歯部にも適応できますが、当院では臼歯部の金属の詰め物をやりかえる時に選択されることが多いです。
硬質のプラスチック素材でできています。銀の詰め物が気になる場合はご相談ください。
6.陶材焼付鋳造冠
メタルボンドとよく言われています。
金属の冠に陶材を盛り上げた構造をしており、陶材の性質上色調を合わせやすいです。
以前より用いられており、適応範囲はとても広いです。
歯軋りが強い方は表面が欠けることがあるため、事前の診査が必要です。
陶材焼付鋳造冠の処置前 陶材焼付鋳造冠の処置後
7.AGC
正式名称はAGC(auro galvano crown)といい歯型に金メッキ(電鋳)をしてその上にセラミックを焼き付けたのがAGCクラウンです。
蝋から鋳造するメタルボンドと違い、電鋳するため歯と冠の適合精度が格段に優れています。
また内面が99.9%ゴールドなので、歯の色が明るくできます。
AGC
Q 最近歯肉が黒くなって気になるのですが、きれいにならないでしょうか?
A 原因はメラニン色素の沈着によるものです。タバコを吸われる方・口で呼吸する方によく見られます。
○メラニン色素除去
歯肉の表面を薬で一層はがす方法で、そのときメラニン色素も一緒に除去します。
治療後、表面が白くなりますが1~2週間すれば白濁もとれ歯肉の黒さもとれてきます。
(何回かしなくてはいけない場合もあります)
除去前 除去後
このページの上へ

歯列矯正治療

Q 歯並びやかみ合わせが悪いと、どうしていけないのでしょうか?
A 一般的に歯並びやかみ合わせが悪いと食物をかみ切れないため胃や腸に負担がきたり、歯磨きが十分にできないのでむし歯や歯周病にかかりやすくなります。
また、歯並びやかみ合わせが悪いと顔の変形を招き、コンプレックスの原因にもなります。
正しいかみ合わせを作ることによって口の中の病気を予防したり、食べ物がよくかめるようになったり、発音を明瞭にしたり、また顔貌や口元がよくなることによって審美的なコンプレックスを解消して心身ともに健康を増進させるのが矯正治療の目的です。
Q 矯正治療はいつ頃から始めたらいいのでしょうか?
A 乳歯が抜けて永久歯に生え代わる頃がいいのですが、大人になってからでも治療することができます。
上あごや下あごの成長に問題がある場合は早く始めた方がいいのですが、不正咬合の状態によって様々ですので、歯科医や矯正専門医に相談されることをおすすめします。
Q 矯正治療期間はどれ位かかりますか?
A 一般的には月1~2回の通院で1~2本の歯なら3~6カ月、永久歯がはえそろった全体的な治療なら2~3年、成長期にある子供の場合は骨の成長や歯の生え変わる期間を考慮して7~8年かかることもあります。
治療後、かみ合わせが安定するまで少なくとも1~2年の保定が必要ですが、患者さんによっては数年の観察が必要なこともあります。
Q 歯を抜いて治療すると聞いたのですが?
A 歯を並べる上あごや下あごの土台が狭いと並べるべき歯が押し込められた状態になり、乱杭歯や八重歯になります。
あごの土台の大きさに合うように歯の数を調整するため第1小臼歯の抜歯が行われています。上顎前突や下顎前突の治療のために抜歯をすることもあります。
Q 治療中、歯の痛みはあるのですか?
A ワイヤーやゴムなどの力を利用して正しい位置に歯を動かすのが矯正治療です。
歯が引っ張られたり、押されたり、浮くような違和感や不快感があります。歯を正しい位置に動かしている途中で今までかまなかった歯がかむようになると瞬間的に痛みが出ることがあります。
個人差がありますが、治療を受けてから2-4日でおさまります。
Q 八重歯は治さなければいけないのですか?
A ひと昔まで「八重歯はかわいい」といわれた時期がありました。
八重歯は不正咬合の一つですが、歯並びが悪いという審美的な理由だけでなく、前歯でかみ切りにくい、奥歯でお肉をかみこめない、唇が八重歯に引っ掛かってうまく閉じられないという実生活での不便さや、でこぼこしているので歯がきれいに磨けない、むし歯や歯周病の病気にかかりやすいという口腔衛生上の理由から矯正治療を受ける人が増えています。
Q 下あごが出て、顔が変形しています。治療できますか?
A 下あごが長い場合は歯列矯正だけでは間に合わないので手術で下あごを顔のバランスがとれる理想的な位置に引っ込めて治します。
手術前後に歯列矯正して下あごを動かした後の歯並びやかみ合わせを整えます。
手術前の矯正治療に1~2年、下あごを動かす手術が入院をふくめて10~14日、手術後の矯正治療が半年~1年要します。
当院は歯科矯正の更生・育成医療機関に指定されており、あごの手術を前提とした矯正治療とあごの手術は健康保険が適用されます。
Q 不正咬合を放っておくとどうなりますか?
A 歯並びが悪いとかみ合わせが悪くなり、食べ物がかみ切れず消化が悪くなり胃腸に負担がかかってきます。
歯ブラシが届かないためきれいに磨けないのでむし歯や歯周病の病気がひどくなります。
かみ合わせのずれが成長発育中の上あごや下あごの骨や筋肉に影響をおよぼして左右対称であるべき顔のバランスがくずれたり、肩こりや頭痛、顎関節症を起こすといわれています。
このように不正咬合は放っておいても治るものではありません。
不正咬合に気がついたら矯正専門医に相談することをお勧めします。
矯正診療への対応
顎変形症に対する外科的矯正手術の実践
顎・顔面・歯列矯正センター
このページの上へ

歯周病(歯槽膿漏)

Q 最近テレビや新聞で歯周病という言葉をよくみるのですが、どんな病気なのですか?
A 歯周病は生活習慣病ともいわれており、30歳以降では約8割の方が歯周病を罹っているといわれています。また、歯周病は歯を支えている骨がゆっくり壊されていくため、あまり痛みを伴いません。
しかし確実に進行していき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
歯肉炎: 歯肉が赤みを帯び、腫れて丸く膨らんでいます。触るとブヨブヨしており、出血することもあります。
歯周病(軽度): 歯周ポケットが深くなり、すぐに出血するようになります。
歯周病(重度): 膿と口臭がひどくなり、歯はグラグラしてきます。最悪の場合、抜け落ちてしまいます。

歯肉炎 歯周病(軽度) 歯周病(重)
歯肉炎 歯周病(軽度) 歯周病(重)
Q 歯磨きの時出血します・・・?
A 歯磨きをすると出血するので、わざとそこは磨かないとよく聞きます。出血するということは、そこの部分に炎症があるのです。炎症はプラークや歯石がついていることでおこります。
まずは、歯磨きでプラーク(歯垢)を取り、歯科医院で歯石除去を受けることをお勧めします。
Q 口臭が気になるのですが・・・
A 歯磨きがうまくできずプラーク(歯垢)がたまったままだと、歯石になってしまい歯磨きだけではとれなくなります。歯石がついてしまうと、そこで細菌が繁殖してしまい口臭がしたり、歯周病になったりしていくのです。
磨いているのと磨けているのでは大きな差があります。
口臭は歯磨きと歯石除去で予防、治療をすることができます。
Q 朝起きたとき口の中がネバネバします・・・
A お口の中に原因がある場合、歯周病が進行している可能性があります。
まず歯科医院を受診してください。
Q 歯がグラグラします・・・
A 歯周病が進行して、歯を支える骨などの組織が壊れてなくなっている状態です。
すぐに歯科医院を受診してください。
歯周病について
このページの上へ

全身麻酔下歯科治療

Q 子供にむし歯があるのですが、治療を怖がりなかなか治療が進みません。何かいい方法はないですか?
A 当院では、治療に強い抵抗を示す小児や、恐怖心・嘔吐反射の強い方、重症心身障害者などに対して全身麻酔下での集中治療を行っています。回数をかけても恐怖心が強くなかなか治療が進まないお子さんも多く、治療が1回(内容によっては数回)で終わり、保護者の方にも大変喜ばれています。
詳しくはお気軽にスタッフにお尋ね下さい。
Q 全身麻酔は危険ではないですか?
A 当院歯科麻酔科により、安全性を十分に検討したうえで全身麻酔を行っており、現在まで重篤な合併症などは生じておりません。
Q 高額の費用がかかるのでは?
A 治療内容や麻酔時間により費用は変わりますが、いずれも健康保険の範囲内で処置、入院が可能です。
Q 入院がなかなか難しいのですが・・・。
A 最近は麻酔薬や麻酔技術の進歩により、麻酔後の覚醒も早くなり、嘔吐や発熱などの不快事項も減少してきています。それに伴い日帰り処置が可能となり、付き添いの方の負担も軽減しています。
Q 今までどのくらいの方が全身麻酔下での歯科治療を受けていますか?
A 当院では1975年より麻酔専門医による全身麻酔下での歯科治療を行っており、 2002年3月現在461人の方が受けられています。 最近3年の間に治療を受けた患者様(または保護者の方)に対しアンケート調査を行っています。
全身麻酔下歯科治療について
このページの上へ

入院

Q 入院について教えて下さい。
A 医療法人伊東会伊東歯科口腔病院の最大の特色は入院設備・病棟(24床)が完備されていることです。伊東歯科口腔病院のベット数は以下のように使用が可能です。
当病院では、このような方々が入院しています。
平成22年度入院患者疾患別分類
当病院では手術を受けられる方だけでなく、集中的な歯科治療や通院が困難な方の治療などを、日帰り入院、短期入院によって行うこともできます。

看護師:15名、
クラーク数名、
歯科医師数名 配置

 3階 病棟
病室 10部屋
ベッド 24床
 病棟スタッフ
各担当主治医  
病棟・手術室担当歯科医 3名
看護師 15名
歯科衛生士 4名
給食(管理栄養士・調理師) 3名
Q 入院までの流れを教えてください。
A
1.主治医による入院の指示
問診
入院の予約
入院手続きに必要な事項はこちら→
2.入院前検査
採血などの各種検査
入院についての諸注意
3.入院
入院時に用意していただくもの
4.入院中の生活について
5.退院
退院後の注意
お会計
入院手続きに必要な事項
1 入院申込書
連帯保証人(身元引受人)2名(支払能力のある身元確実な方)が必要です。

2 健康保険で受診される方は申込書と同時にそれぞれの被保険者証を提示してください。

3 労災、公傷の方は、当該官署又は事業主の発行する証明が必要です。

4 生活保護法による診療は事前に手続きが必要ですから、受付に申し出てください。

5 交通事故による傷害で自動車損害賠償責任保険を利用される方は、受付にお申し出下さい。
入院時に用意していただくもの
寝間着、下着類、バスタオル、タオル、洗面用具(歯磨き、石鹸、シャンプー、髭剃りなど)、上履き、ティッシュペーパー、印鑑、コップ(湯のみ)、はし、スプーン その他看護師から指示のあったもの
所持品には、氏名を入れて最小限にし、不要なものは持参しないで下さい。
テレビ、ラジオ等電気器具の持込は禁止しておりますが、院長の許可があればこの限りではありません。この場合、所定料金を頂きます。
自家用車の駐車はお断りいたします。
入院中の生活について
起床時間 AM7:00
消灯時間 PM10:00
食事 朝食 AM 8:00
昼食 AM12:00
夕食 PM 6:00

処置などで遅れて食事を摂っていただいたり、食べてはいけない場合があります。そのような時は事前にお知らせ致します。
検温 毎日決められた時間に体温、脈、血圧などを測り、症状をお伺いします。
《検温時間》 AM7:00
PM2:00
PM8:00

必要な場合は上記以外の時間にも検温する場合があります。
廻診 週に2回、歯科医師による廻診を行います。
月曜日 : 院長廻診 (AM8:00~)
金曜日 : 診療部長廻診 (AM8:00~)
入浴 主治医の許可があれば、入浴時間内にご入浴いただけます。
入浴時間 : 12:00~17:30
洗濯 ご自分の衣類等の洗濯物は、コインランドリーをご利用いただけます。
面会について 《面会時間》
平日・日曜・祭日とも AM10:00~PM8:00

※ 風邪をひいている人等の面会はご遠慮ください。
外泊・外出
外泊や外出には主治医の許可が必要です。所定の用紙に記入していただきますので、お申し出ください。
出室前と帰室後は必ずナースステーションにお知らせください。
お会計と注意事項
主治医より退院の許可が出ましたら、受付で会計を済ませ、ご帰宅ください。
入院中の諸費用は健康保険に基づく診療報酬額により、計算いたしますが、保険適用外の費用については当病院の諸料金規程で定める額で計算いたします。

注意!
インプラント等の自費診療による入院費および諸費用は、全額自費となります。
親知らずについて
救急医療について
顎変形症に対する外科的矯正手術の実践
インプラントについて
このページの上へ

Copyright(C)2014 伊東歯科口腔病院.Rights Reserved.

医療法人伊東会 伊東歯科口腔病院 〒860-0851熊本県熊本市中央区子飼本町4番14号