部署紹介

顎・顔面・歯列矯正センター インプラントセンター 画像診断部 歯科技工室
滅菌室 訪問診療部 看護部 栄養管理室

顎・顔面・歯列矯正センター

顎・顔面・歯列矯正センター

 顔はその人の人柄や、知性、感情、健康状態を反映しています。一般的に顔面の変形や歯ならびに異常のある方は他人から顔を見られることに対してコンプレックスを持っており、これらを改善できたときの喜びは、はかり知れないものがあります。最近ではマスメディアの浸透により顔やスマイルに対する関心や、歯ならびとともに顎、顔面に対する関心も高まっていることから、今後、顎変形症の治療を希望する方が増加していくものと考えています。

厚生労働省は顎の手術を必要とする顎変形症患者に更生医療として"保険"適用を認めており、患者さんにとっては治療を受けやすい環境ができています。 顎変形症の治療は
①手術前の矯正歯科治療
②顎矯正手術
③手術後の矯正歯科治療
の順に行います。①②③は保険適用され、②の顎矯正手術は高額医療制度が適用されますので、患者さんの負担はかなり軽減されます。
当病院は1998年10月に更生(育成)医療指定機関(現在は障害者自立支援ならびに顎口腔機能診断料算定の指定機関へ改称)として指定を受け、顎矯正手術だけでなく、手術前・後の矯正歯科治療も保険適用が認められた医療施設になっております。

小児期から成人にいたる不正咬合の歯列矯正治療とともに顎・顔面の変形に対する治療体系を確立するため"顎・顔面・歯列矯正センター"を設立し、矯正歯科専門医、口腔外科専門医、麻酔専門医、歯科麻酔専門医が常時、治療にあたっています。
小児期から成長期にある患者に対しては成長発育に悪影響をおよぼす歯列不正の改善、悪習癖の除去、筋機能訓練や上下顎骨の成長コントロールを行ない顎変形症への移行を予防する歯列矯正を行なっています。さらに、先天異常、上顎前突、下顎前突、開咬、顔面非対称などあらゆる顎変形症の治療もなっています。最近の傾向として顎の変形が著しい症例に対して上下顎同時移動術が増加しています。
著しい顎変形が認められる症例では三次元表示CTやモデルサージェリーなどを応用して立体的な顎・顔面形態の異常を把握し、各症例に適応した的確な歯列矯正や外科手術を行っています。
外科手術は顔面に皮膚切開を入れることなく口腔内から行ない、上下顎骨を三次元的に安全に確実に移動することができます。

インプラントセンター

インプラントセンター

伊東歯科口腔病院インプラントセンターの特徴

  • ・専門的技術と学識に裏付けられたスタッフ  スタッフはこちら
    (日本口腔インプラント学会認定の歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士)
  • ・インプラント治療の実績(2017年度は、237症例363本を植立)
  • ・清潔な手術室、滅菌された器具を使用した手術
  • ・痛みが心配な患者様には、全身麻酔や静脈内鎮静法を用いた施術を行っております。
  • ・複雑なインプラント手術、多数のインプラント植立手術の時は、入院下で行います(24床有)。
  • ・専用手術室
    インプラント手術は、体内に生体材料を埋め込む手術ですので、通常の歯科治療が行われる空間よりも清潔な空間が必要になります。当院では、インプラント専用の手術室を設け、患者様が安心してご希望さ れる日程に手術ができる体制を取っております。さらに、多数のインプラントを一度に埋入される患者様には、麻酔専門医、歯科麻酔専門医による全身麻酔や静脈内鎮静法を使用した麻酔を行ないます。また、骨移植を必要とする高度なインプラント治療でも口腔外科専門医でもある歯科医師が対応いたします。

画像診断部

画像診断部 画像診断部 画像診断部
 当院では、電子カルテ化に伴いX線画像、CT画像をデジタル化して各診察室に配信しております。 どの診察室でも撮影された画像をすぐに見ることができます。
 画像診断部では、歯1本1本の口腔内デンタルX線撮影はもちろん、パノラマX線撮影、歯科用CT撮影を行っています。 また、顎関節撮影法、セファロ、ウォーターズ法、頬骨撮影、咬合法など、症状に合わせた撮影を専門の診療放射線技師が 撮影することによって、より正確な画像を提供しています。 衛生面では、患者様お一人に対し一手袋、デンタル撮影用カメラカバーも使い捨て、 デンタル用補助器具も消毒済みの物を使用することになっており、感染の心配なく安心して検査を受けることができます。
 撮影後、病気の疑いのある症状に対しては画像を読影専門歯科医師が確認し、診断を行います。
患者様のなかには、X線撮影においての被ばく量を心配される方もいらっしゃると思いますが、日本人一人あたりの自然放射線量は年間1.5mSvと言われている中で、 歯科用X線の被ばく量は、デンタル1枚0.01mSv、パノラマ1回0.03mSv、歯科用CT1回0.1mSvと言われています。これは、胸部や胃のX線検査で浴びる量よりも少ない値です。
一般的な放射線被ばく量についてはこちら

歯科技工室

技工室
 当院では、院内に歯科技工室を併設しております。歯科技工室では、歯科医師からの補綴物(差し歯等)、義歯(入れ歯)等の作成依頼に応じて、資格を持った歯科技工士が作製を行っております。 院内に併設されていることで、歯科医師との綿密な連携が取れ、患者様お一人おひとりのお口に合わせた補綴物を作製 できるように努力しております。

滅菌室

滅菌室 滅菌室
 滅菌室では、日頃の診療を行うにあたり、歯科医師・衛生士が利用する器具の消毒・滅菌を行い、各診療室へ配置しています。 当院では、患者様のお口にふれる器具については、洗浄・消毒・滅菌を行っています(使い捨ての部分を除く)。常に感染を起こさないよう清潔なものを使用できる状態にしております。

訪問診療部

訪問診療部 訪問診療部 訪問診療部
 当院では月曜から金曜まで訪問診療を行っております。訪問診療は、身体的・精神的に歯科診療所への通院が困難な方を対象に、 ご自宅や介護施設等までお伺いして、歯科治療及び専門的な口腔ケアを行うものです。 診療を行うにあたり、持ち運び可能なポータブルユニット、ポータブルX線撮影装置などの機器を準備しております。
当院で行っている訪問先は、半径16Km圏内の場所となっております(法規定あり)。それ以上の距離の方については、歯科医師会の方へ 連絡し、お近くの訪問可能な歯科医院をご紹介していただきます。

看護部

看護部 看護部

<看護部理念>

思いやりのある看護の実践


<伊東歯科での看護師のお仕事紹介>

・骨折・顎変形症等の手術を受けられる方の、術前・術中・術後の看護(口腔外科看護)

・有病者の歯科治療時の看護

・入院患者様が安楽に入院生活を送ることができるような環境整備

・処置後の注意事項をご説明

・炎症のある方への点滴

・抜歯や処置のアシスタント業務

多職種のスタッフとのチームワークで、歯科病院ならではの看護に力を発揮しています。

栄養管理室

栄養管理室
 当院では、ご入院される方のために栄養管理室を併設しております。歯科の入院では、あまり口を開けることができないことが ありますので、食べやすい「きざみ食」や、「流動食」の提供を行っております。手術後は栄養をつけていただき、元気に退院していただける ことが私達の喜びです。

医療法人伊東会

伊東歯科口腔病院

〒860-0851熊本県熊本市中央区子飼本町4番14号

Copyright(C)2014 伊東歯科口腔病院.Rights Reserved.