伊東歯科口腔病院の特徴

 当院は、開放型病院、地域歯科診療支援病院としての役割を果たしております。 開放型病院とは、かかりつけの先生と当院の歯科医師とが共同して診療できるものです。 地域の医療機関様と高度医療機器や手術施設、病床などを共同で利用できるようになっており、 地域の皆様の口腔の健康のお手伝いをしています。
また、地域歯科診療支援病院として、常勤の歯科医師2名以上、看護師2名以上、歯科衛生士1名以上を 配置し、地域の歯科医院様からの紹介を受ける体制を整えております。

 当院の診療の目的としては、歯や歯肉、顎(あご)など口腔領域を総合的に診療し、歯・口からの健康づくりを行うことです。 スタッフには口腔外科、歯周病、小児歯科、矯正、一般歯科、麻酔の専門家を擁し、基礎的な歯科診療をはじめ、 顎関節症、インプラント、在宅訪問歯科、有病者、障がい者診療についても積極的に展開しています。 なかでも顎変形症や唇顎口蓋裂患者の診療は咬合、咀嚼、発音、顎発育などを考慮し、口腔外科、矯正歯科医との連携による 一貫した治療システムを整えております。
高齢者、有病者などの歯科診療においては麻酔科専門医・歯科麻酔専門医が術中モニタリングでの全身管理を、 インプラント診療においては、インプラント関連専門学会の指導医、専門医が手術を担当し、歯科放射線専門医によるCT等の画像分析を基に 清潔、高機能な手術室で行われます。
 また、救急患者に対し、当直歯科医師、看護師、歯科衛生士による24時間救急(急患)体制で歯科処置を実施し、救急病院への往診をはじめ、 顎顔面外傷患者の受け入れ、手術を行っています。
入院については24床の設備があり、手術や処置後の安楽な療養生活を可能としています。

診療科目

歯科 ・ 歯科口腔外科 ・ 小児歯科 ・ 矯正歯科 ・ 麻酔科

沿革

1939年:伊東歯科口腔科醫院として設立

1975年:有床(10床)歯科施設へ

1980年:医療法人伊東会設立

1989年:日本口腔外科学会研修施設指定

1996年:厚生省歯科医師臨床研修施設指定

2009年:開放型病院(入院ベッド24床を備える全国初の歯科口腔病院)

2010年:地域歯科診療支援病院

スタッフ

理事長 : 伊東隆利
病院長 : 伊東隆三
副病院長 : 後藤倶子 井原功一郎
顎・顔面・歯列矯正センター長 : 伊東隆三
顎顔面再建・再生センター長 : 篠原正徳
麻酔科指導医・歯科麻酔指導医 : 後藤倶子
画像診断部長 : 瀬々良介
歯科診療部長 : 井原功一郎 篠原直幸
訪問診療部長 : 廣瀬知二
第一診療科長 : 中井大史
第二診療科長 : 吉武義泰
第三診療科長 : 山内由宣
医局長 : 野田一樹
副医局長 : 冨永雄介、豊田大輔
事務局長 : 相良孝治
歯科医療連携・交流室室長 : 江口早苗
職員合計:197名
(平成30年4月現在)

医療法人伊東会

伊東歯科口腔病院

〒860-0851熊本県熊本市中央区子飼本町4番14号

Copyright(C)2014 伊東歯科口腔病院.Rights Reserved.